読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウシさん乳搾り体験!!

f:id:aqurachiba:20161114134815j:plain

 

 

こんにちは!

 

幕張営業所の貞包(さだかね)です。

 

みなさん、明日の11月15日は何の日か知っていますか?

 

明日の11月15日は七五三の日なんです。

 

 

      f:id:aqurachiba:20161114111131p:plain

 

 

 

七五三とは、7歳、5歳、3歳の子供の成長を祝う日本の年中行事で

 

天和元年11月15日(1681年12月24日)に館林城主である

 

徳川徳松江戸幕府第5代将軍である徳川綱吉の長男)の

 

健康を祈って始まったとされています。

 

 

みなさんは、

 

「七五三は一体何歳からやるのか」

 

と疑問に思ったことはないでしょうか?

 

江戸時代に始まった神事であることからも、

 

本来は数え年で祝っていた七五三ですが、

 

近年においては満年齢で行うことも多く、

 

どちらでも良いとされています。



そのため、年の近いの兄弟・姉妹がいる場合、

 

「上の子を数え年、下の子を満年齢」

 

として数え、一緒にお祝いを行うといったケースも一般化しています。



なお、江戸時代に始まったとされる七五三。

 

乳幼児の死亡率が高かった当時は、7歳までの子供は

 

「神の子」とされ、

 

7歳になって初めて社会の一員として認められたと言われています。



そんな歴史ある七五三。

 

みなさんは同じ行事と思っていませんか?

 

3歳の時も5歳の時も7歳の時も、

 

同じく七五三と呼ぶことから

 

同じ行事のように捉えられがちですが、

 

正しくは、それぞれの年齢で行う別々の行事で、

 

年齢対象呼称解説
3歳
男児
女児
共通
髪置
(かみおき)
人生最初の節目。これまでの無事な成長を祝い髪を伸ばし始めたことに由来する儀式(江戸時代は3歳までは髪を剃る習慣があった)。
5歳
男児
袴着
(はかまぎ)
知性が急速に発達、人としての心が芽生え始める頃。その成長を祝い初めて袴を着用する儀式。
7歳
女児
帯解
(おびとき)
喜び、悲しみなどの感情が発達する頃。少女へと成長したお祝いにそれまでの付け帯を取り初めて大人と同じ帯を締める儀式。

 

とされています。

 

このように、子供の成長を祝う七五三という日は

 

楽しく喜びを分かち合える素敵な行事ですよね♪

 

さて、そんな子供と一緒に喜びを分かち合えるイベントが

 

七五三の撮影もできる写真スタジオ「フェアリーテール」のある

 

幕張ハウジングパークにて開催予定でございます。それが、

 

「ウシさん乳搾り体験!!」です。

 

11月19日(土)幕張ハウジングパークにて

 

10:30~17:00まで開催予定です。

 

 

 

      f:id:aqurachiba:20161114111706p:plain

 

ウシさんと仲良くふれあいながら、

 

搾りたての新鮮なミルクが味わえる「乳搾り」

 

家族でしてみてはいかがでしょうか。

 

お子様の喜ぶオモチャや温かいお飲み物もご用意しておりますので、

 

ぜひアキュラホーム幕張展示場にお越し下さい!

 

お待ちしております!!