節分はお好きですか?

f:id:aqurachiba:20160422105756j:plain

明けまして、おめでとうございます。

年末年始を仕事や家族サービスで東奔西走(とうほんせいそう)した習志野展示場の

獅子舞こと米村です。

今回は2月3日の「節分」について書かせて頂きます。

皆さんは、なぜ2月3日に節分を行うかご存知ですか。

節分とは言葉の通り「季節を分ける」という意味があり、季節の始まりの日の前日の

ことを言うそうです。

 

あれ?と思われた方、そうです、日本は四季の国。

本当は春、夏、秋、冬のどの季節にも節分があるのです。

「夏の節分」、チューブの曲をバックに小麦色に焼けた鬼を追いかけて走る自分。

夏なので、豆は枝豆がいいかな。

想像しただけでワクワクしますね。

 

「秋の節分」・・・・話が長くなるので本題に戻ります。

日本の四季を「春夏秋冬」と書くように、一年の始まりは「春」です。

年賀状に「新春」や「迎春」と書くように、日本では春をもっとも大事な始まりの季節としています。

その春の始まりに願いを込める意味で、一年に一度のこの時期に節分を行うそうです。

 

そう言えば、なぜ鬼退治に「豆」を使うのか、なぜ「煎った大豆」なのか。

ここからは少し強引ですが、「鬼=魔物」で、その鬼を退治する「魔(ま)を滅(め)っする」という言葉から、豆を使って鬼(災い)を退治するそうです。

しかし、生の豆ですと、地面に撒いた豆から芽が出てきてしまう可能性があります。

豆(魔滅)から芽が出る、鬼が再生する、なんとも非常に縁起が悪い!!

ですので、「煎った大豆」を使うそうです。

上記から考えると、夏の節分の「枝豆」も、あながち間違いでも無い様ですね(笑)

 

最後に、去年の干支の申(猿)には「悪いものが去る」という意味があり、今年の酉(鳥)には「色々なものを取り込む」という意味があるそう。

そんな酉年には、アキュラホームの様々な技術を取り込んだ「ZEH」仕様の住宅こそが皆さんへお薦めです!

ぜひお近くのアキュラホームの展示場で「ZEH」についてお話しましょう。

 

f:id:aqurachiba:20170120183321j:plain

 

 

お後がよろしい様なので、本日はここまでとさせて頂きます。

最後までご覧頂き、ありがとうございました。